熟睡するにはどうしたらいい?快適に眠るオススメの方法。

熟睡するにはどうしたらいい?快適に眠るオススメの方法。

熟睡できた時は寝起きでも頭がスッキリしていて、起き上がるのも苦に感じません。目覚めの気分がいいとその日1日気分良く過ごせます。

しかし熟睡するためには条件が必要で、それを可能にしておかないと熟睡できず、寝不足状態となり日常生活にも支障が出てしまいます。

熟睡するために大事な事を紹介します。

眠る前にリラックスする

熟睡するためにはスムーズに眠りに入る事が大切です。

ベッドに入り目をつぶっているのになかなか寝付けないと、それだけでストレスになりますし、焦れば焦るほど余計に目が冴えてしまいます。

寝る前に脳をリラックスした上体にしておくと、スムーズに眠れるようになります。

お風呂に入ってリラックス

脳をリラックスさせる方法は、お風呂も効果的です。38度から40度の少しぬるいと感じるくらいの温度にして、20分ほどゆっくり浸かります。

この時リラックス作用のある香りの入浴剤やアロマオイルをプラスすると、さらにリラックス効果が高まります。

ゆっくり温まると副交感神経が優位になり、脳はリラックスできるのです。

お風呂から上がったら身支度を整え、ベッドに入ればリラックスした状態で眠りに付けるから熟睡しやすくなります。

照明を暗くする

脳をリラックスさせる方法として、ホットミルクを飲む、寝る1時間前に部屋の照明を落とし間接照明にしておくのも効果的です。
ただし電球は暖かい色を選んでください。

意外とやってしまいがちなミスとしては、寝る直前までのパソコンやスマホです。画面から出るブルーライトは脳を興奮させますので、遅くとも寝る1時間前には電源をオフにして目を休ませましょう。

飲酒や飲食をしない

寝る前の飲酒はアルコールの利尿作用で夜中にトイレに行きたくなり目が覚め、眠りの質を下げます。

飲食も胃が活動するので熟睡を妨げますし、肥満の原因となりますのでNGです。

熟睡に最適な寝床の温度

寝床の温度も意外と重要です。

室温は夏は26度から28度、冬は18度から23度、寝床内の温度は32度から33度が快眠できる理想温度と言われています。

後はベッドや布団の硬さ、枕の高さを自分に合っている物を選べば熟睡の準備は整います。

友達に教える