寝心地の悪いソファーベッドを寝心地よくするコツ

寝心地の悪いソファーベッドを寝心地よくするコツ

ソファーベッドもピンキリですから、座り心地を重視すると寝心地がイマイチ、見た目はいいのに寝心地が最悪という事があります。

こういう時に知っておくと便利な、ベッドの寝心地を良くするコツを3つ紹介します。

ベッドとして評価する

ソファーとしてもベッドとしても両方使いたい場合は、ベッドとして使う時の寝心地を優先すると失敗が少なくなります。

寝心地を左右するのはマットレスですが、硬すぎても柔らかすぎてもいけません。どうしても適度な硬さの物が見つからない場合は、思い切って、寝るときだけ敷けるようなマットレスを購入すれば格段に寝心地が良くなります。

無理な場合は敷ふとんを敷いても寝心地は変わるので試してみてください。寝具を買い換える事なく、敷くだけの高反発マットレスを使うのもオススメです。

コンフォートスリーパーならマットレスが高反発マットレスですし、毎日寝れること想定して作られているのでスプリングが背中に当たることもありません。

マットレスのつなぎ目をなくす

ソファーベッドで3つに折りたたむタイプは、マットレスに折り目がついています。

座っている時は感じないのですが、広げて眠る時に折り目の凹凸が気になり寝心地が悪いと感じる事があります。こういう時も布団を敷くときになりませんが、少し厚手の敷パッドでも代用できます。

凹凸が気になる時は厚みのある物を敷くときになりません。少し面倒でも布団を敷くだけでもかなり改善されます。

通気性をチェックする

ソファーベッドで一番大切なのは通気性です。

人は寝ているときに寝汗をかくので、マットレスに湿気がこもります。通気性が悪いとカビの温床になりますから、通気性は重要です。

通気性の良いマットレスでも使っていくうちに湿気はこもりますから、マットレスの下にすのこを敷くとさらに通気性が高まります。

夏は汗を吸収する敷パッドを敷けば、マットレスが湿気るのを防げますし、衛生面でもメリットは増えます。

湿気がこもっているとカビも生えやすくなりますし、変なニオイも気になり気持ちよく眠れません。通気性を良くする工夫をすれば、季節に関係なく快適に眠れます。

いずれもちょっとした工夫で対応できますから、ソファーベッドの寝心地を良くしたい時に試してみてください。

友達に教える