ソファーベッドなら小さな部屋でもスペースを活用できる!

ソファーベッドなら小さな部屋でもスペースを活用できる!

部屋が狭い場合は家具も最低限のものしか置けませんよね。

何を置くかは人により違いますが、収納もほとんどなく部屋も狭い時一番困るのは寝具です。布団の場合はたためばスペースは空きますが、布団をしまう場所が必要です。

クローゼットが狭く布団をしまうスペースがない場合は、ベッドを置くしかありません。

しかし一番小さいベッドでも、ワンルームマンションのような場合は部屋の半分以上がベッドで埋め尽くされてしまいます。

睡眠は生きていくためにも必要な事ですが、生活に不便さを感じるのは困ってしまいます。こういう時にあると便利なのが、ソファーベッドです。

ソファーベッドはスペースを活用できる

起きている間はソファーとしてゆったりくつろげますし、寝るときだけベッドとして使います。

使わないときは折りたたんでおけるから、たためる分スペースが有効活用できます。

たたみ方は種類によりことなり、たたんだ状態での大きさも違いますが、部屋の広さに合わせて選択肢はありますから、自分に合ったソファーベッドを探してみましょう。

オススメの折りたたむ方向

おすすめは縦方向に折りたためるタイプです。

2つにたたむか、3つにたたむかで大きさは異なりますが、ソファーとして置く場合はベッドの幅を確保しておけば、長さが短くなるのでスペースが空き、その分広く使えます。

ベッドにした時に使うスペースに、家具などは置けませんがたたんだ分その場所に座ったり、ソファーに寄りかかりくつろいだりする事ができます。

小さな部屋でも配置を工夫して壁際にソファーベッドを置けば、横に2つに折りたたむタイプもおすすめです。

この場合は幅が半分になりますが、ベッドの長さはそのままとなるので、3人掛けくらいの広々としたソファーとして使えます。多少手狭になりますが、長さがあるからそのまま横になり昼寝もできます。

参考記事:ソファベッド選びで知っておきたい「ソファベッドの種類」まとめ

ソファーもベッドも置きたいけど、部屋が小さくて両方置けないという時も1つで2通りの使い方ができるからかなり便利ですし、値段もお手頃価格のものが多いから節約にもなります。

友達に教える