これで失敗しない!ソファーベッドの選び方のポイント

これで失敗しない!ソファーベッドの選び方のポイント

ソファーベッドを選ぶ時のポイントは「なぜ必要か?」という、ソファーベッドの利用目的によって変わります。

ソファーとベッドの兼用で使うのか、ソファーとして使い昼寝や急な来客時だけベッドとして使うのかなど、目的もいろいろです。

一番大事なことはなに?サイズ?寝心地?

後は部屋の広さ、寝心地など何を基準に選ぶかによっても選択肢は変わります。

マットについては、コイル式、低反発式、高反発式とそれぞれに、寝心地も変われば価格も違います。

長く使う時や使用頻度により向き不向きとなるところもあります。

参考:ソファベッド選びで知っておきたい「ソファベッドの種類」まとめ

ソファベッドを置くのはどんな部屋?

ソファーベッドを購入する前に、どのタイプが自分に一番合っているかを確認しておく事をおすすめします。

例えばワンルームの場合はどうしてもスペースが限られますから、ベッドを置くとそれだけで部屋の大半が塞がってしまいます。

睡眠も欠かせない事ですから、ここは仕方ありませんが、どうしても部屋が狭くなるのが嫌なら、ソファーベッドが便利です。眠る時は狭くなっても、使わない時は折りたためるので、スペースを確保することが出来ます。

部屋に友達が遊びに来た時も、ワンルームだと何から何まで丸見えになってしまいますが、ソファーベッドなら折りたたんでおけて、プライバシーも保てます。

人が遊びに来た時はソファーとしてくつろいでもらう事もできて、意外と便利です。

サイズはベッドのサイズを参考に

ソファーベッドにもサイズがありますが、ベッドとして使う場合は基本的に普通のベッドとほぼ同じサイズです。

シングル、セミダブル、ダブルとありますが、たたみ方によってソファーとして使う時の大きさが変わります。ソファーベッドを選ぶ時は、たたんで部屋に置いた状態と広げた状態でのスペースも考えておきましょう。

部屋を広く見せる一工夫

ソファベッドの選び方からはそれますが、部屋を広く見せる工夫もご紹介します。

高さがあると圧迫感が出るので、部屋が狭く見えてしまいます。部屋を広く見せたい場合は、家具の背を低くしたり、物はできるだけ目線よりも下に置いたりすると圧迫感がなくなり部屋が広く見えます。

ソファーベッドを選ぶ時は、サイズや高さも部屋に合わせて決めるのがポイントです。

脚を取り外しできるタイプは、模様替えをする時に脚を付けたり外したりすれば、部屋の雰囲気が変わります。

友達に教える