あなたはベッド派?布団派?メリットとデメリット。

あなたはベッド派?布団派?どっちが良いの?

寝る時にベッドで寝る人もいれば、布団で寝る人もいます。どちらにするかは好みで分かれますが、それぞれにメリットとデメリットはあります。

これから一人暮らしをする人や、家具の買い替えを検討している人は、布団とベッドそれぞれのメリットとデメリットを知っておくと、何かの時に役に立つかもしれません。

布団のメリット、デメリット

まず布団から見ていきましょう。

布団は寝る時に敷いて、起きたらたたんで押入れにしまうというのが面倒でデメリットに思う人も多いようです。確かに毎回布団の上げ下げは面倒に感じる事もありますが、たたんでしまえば部屋が広くなります。

足腰にトラブルを抱えている方にとっては布団の上げ下げは負担になってしまいますね。布団を敷きっぱなしにしているのは衛生的にも良くありません。

寝相が悪くても少しずれるだけで、高いところから落ちて怪我をする心配はありません。

寝汗をかくから使っていくうちに布団が湿気を吸い重くなりますが、天気がいい日に天日干しすれば軽くなり布団もふんわりします。

羽毛や羊毛など中身もいろいろですが、綿の布団は打ち直しをすれば長く使えますね。

ですが、マットレスの選択肢はベッドに比べると少ないですね。

ベッドのメリット、デメリット

ベッドは毎日敷いたりたたんだりという手間がかかりません。

寝たい時にいつでもベッドに行って横になれますし、床のホコリの影響も受けにくいです。冬場は寒い空気が貯まるりますが、ベッドだと寒い空気の中で寝ることを避けられます。

寝る位置が高いので、寝起きのときは椅子に座るように出入りすることができます。布団と比べると出入りのさいは足腰への負担は少ないですね。

タイプや大きさもいろいろあるので、好みや部屋の広さで選べますし、収納付きのベッドは小物や衣類をしまっておけるので、部屋が散らかりにくく片付けも楽です。

ただしマットレスは簡単に洗濯したり干したりできません。長年使っているとカビが生える事もあります。

ベッドのフレームも種類はありますが、組み立てて使うようなタイプは長く使っているときしみ音がするようになります。

シングルでもある程度大きさがあるため、置き場所をとります。部屋が狭い時は、半分以上がベッドに占領されてしまう事もあり、部屋が手狭になるのはデメリットです。

最も困るのは買い替えや処分の時です。処分にもお金が掛かりますし、新しいベッドを送ってもらうのも送料が高くつきデメリットになります。

友達に教える